" /> 自律神経失調症、気力の低下 - 山梨カイロプラクティックセンター

自律神経失調症、気力の低下

自律神経の不調

山梨県 山梨カイロの自律神経失調症・自律神経回復整体

自律神経失調症、気力の低下は

「気持ちの問題」
ではありません!!

「頸椎の調整」「内臓の調整」
で循環を変えることが大切です

自律神経失調症・自律神経回復整体はこのような方に来ていただいています
  • 自律神経の乱れで悩まされている方
  • 生理痛や生理不順、子宮内膜など婦人家系の問題で悩まされている方
  • 不眠で寝つきが悪く、眠りが浅く困っている
  • 朝起きても疲れが全くとれず体がだるい
  • 慢性的な「肩こり・頭痛」でなかなか改善しない
  • 動機・吐き気・めまい・耳鳴り・頭痛など長い間悩まされている
  • 内臓の調子があまり良くないので病気になりがちである
  • 便秘や下痢が続き排泄能力が低下している
  • 不定愁訴(病院で検査しても問題がないか自覚的に辛いお悩みがある)で悩んでいる
  • 怖い夢をみたりする事が多くなっている
  • うつ病や統合失調症・パニック障害などの精神疾患で悩まれている方
  • 病院で治療を受けながら安定剤などを服用しているが徐々に減らし将来的に飲まなくしたい
  • ひどい肩こりでマッサージを受けても一向に良くならない

その他、複数通ったが改善しない・原因がはっきりしないなど様々な不調で悩まれている方も多く、臨床上、その原因の多くが自律神経の乱れによるものです。

もし、あなたが今後どうすれば回復するのか悩んでいらっしゃるのであれば、一度考えてみてください。

その悩みを解決できる可能性があります。

甲府市 山梨カイロプラクティックセンターでは、自律神経を根本的に整えることで、その辛さや悩みの緩和を目指します。

自律神経が乱れるとは?

自律神経とは内臓機能の調節や内臓の情報を脳へ伝える神経で、意識して手を動かしたり足を動かす神経と違い、内臓や血管など健康を維持する為に無意識にはたらいています。

はたらきとしては呼吸や循環・体温調節・消化吸収・排泄など様々な役割があります。

また自律神経は交感神経と副交感神経の2種類の神経に分かれており、交感神経は活発に動く際や緊張した時にはたらく神経です。

副交感神経は交感神経とは反対にリラックスの状態や休息をしている際にはたらきます。
これら2種類の相反する機能を持つ神経は、互いにバランスを取りながら体を健康に保つために調節しています。

自律神経バランスの絵

自律神経バランス

しかし、何らかの原因で交感・副交感神経のバランスが保てず、どちらか一方が強くはたらき過敏になったり、逆に機能しにくい場合が起こります。

これを「自律神経が乱れる」といい、乱れた結果様々な不調が出てきます。

自律神経が乱れる原因|甲府市 山梨カイロプラクティックセンター

臨床から判断する自律神経に負担がかかる原因とは?

自律神経に影響が出る原因はストレスや食生活、睡眠不足、気温の寒暖差など様々ですが、実際に臨床での経験から判断する自律神経に負担がかかる(乱れる)原因は大きく3つあります。

その1.骨盤や背骨の歪みからの問題

交感・副交感神経(自律神経)は主に骨盤や背骨・脳にあります。

強いストレスや緊張が続いた際に背中が痛くなったりするのは、興奮時にはたらく交感神経が優位になった為です。

骨盤や背骨の動きが硬かったり歪みがあると自律神経も乱れやすく機能も発揮しにくくなってしまいます。

骨盤 背骨歪み

骨盤 背骨歪み

骨盤・背骨の動きや歪みを取り除き、自律神経の正しい通り道を確保しスムーズに機能調節が出来るようにする必要があります。

その2.内臓疲労・内臓下垂からくる内臓の問題

内臓と自律神経は密接に繋がっています。

ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足、慢性疲労など体の中で最も負担のかかる場所は内臓です。

内臓疲労や内臓下垂による歪みなど内臓に負担がかかると自律神経も内臓機能を調節しきれず乱れやすくなります。

「朝起きても疲れが取れない」「常に体がだるい」「体が重い」という悩みが続く場合は内臓疲労によるものが多く、内臓下垂など歪みがある際には、横隔膜や腸、女性であれば子宮など様々な臓器が圧迫されてしまいます。

その結果、動機・吐き気・めまい・ストレス・便秘やむくみ・冷え性・胃の圧迫感・生理痛・生理不順など様々な不調が現れます。

自律神経の機能を発揮させる為には、内臓の状態を良くすることが必要不可欠になります。

フォローする
山梨カイロプラクティックセンター
タイトルとURLをコピーしました